悪者はいない

私は娘に助けられているなぁ~

 

私にはない気質

いつも前向きで人の心の裏など読まない

 

あんなに泣いてたのに

朝になったら素直に私を頼りにしてくれる

 

本当にありがたい

 

私は母ともめた時に

心を閉ざすことしかしてなかった

何もちゃんと言えてなかった

 

1人じゃ生きていけないのに

1人で生きてるつもりだった

 

だから困ったことや、失敗すると

全部、母のせいにしていた

 

母とも向き合っていなかったけど

自分自身にはもっと向き合ってこなかった

 

自分の嫌な部分、情けない部分

卑怯な部分、腹黒い部分

 

ネガティブな自分を全て隠して

その感情が出ると

私の感情じゃない!母に作られた感情だと

母を悪者にしたてあげていた

 

もう誰も悪者にしないでいい

 

悪者なんて私の周りには誰もいないのだから